セキュリティー・来店取消されたテーブルをチェックする

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

セキュリティー機能についてタイトル
★指名のないお客様の代金を頂いた後に来店取消をして着服する。

来店取消されたテーブルをチェックする事で不正処理の発覚が多くあります。
指名のあるテーブルを取消すと、女子キャストの成績が反映されなくなるので フリー客のみを狙って、取消しする為、VENUSのデータを確認すると気づく事が出来ます。

≪VENUSによるチェックPoint!≫

1、来店取消処理をするとレシートが発行され、その記録が残ります。
来店取消
(※画像をクリックすると拡大します。)

2、『11:会員』→『2日報印刷』→『9:レシートジャーナル印刷』から 日付を指定して
発行されたレシートの詳細を確認します。
レシートジャーナル
(※画像をクリックすると拡大します。)

●通常、来店取消処理をする場合は、重複来店処理をしてしまったり
お客様が着席してすぐに帰ってしまったケースが多く、長時間来店処理をして
そのまま気づかない事など、まずありません。
来店取消伝票の滞在時間を確認して不自然さがないかを確認してください。

【不自然な来店取消処理】
・滞在時間が長い
・オーダーが入っているテーブルの取消し
・セット料金が2セット以上ある
・来店取消処理がほぼ毎日ある
※稼働状況にもよりますが、Venusの運用に慣れていれば、週1~2回くらいです。

3、日報月報で来店取消処理回数を確認
(日報・月報に来店取消処理回数が集計されます。)
例外処理回数
(※画像をクリックすると拡大します。)

4、例外処理記録画面で確認
『11:会員』→『2日報印刷』→『7:例外処理記録表示』から 来店処理操作を確認できます。
例外処理記録
(※画像をクリックすると拡大します。)