キャバクラ経営コラム・スタッフの評価基準をつくってみた・・

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★キャバクラスタッフ評価基準
評価基準でスタッフの意識改革できるかも?

写真 色々なキャバクラに出入りしていると 店長さんから、スタッフに対しての愚痴を聞いたりします。 どうしたものか?と相談を受ける事も多々あるのですが 部外者の私がなかなか口に出せる内容ではなかったりして 良いアドバイスなど出来ない所です。

通常、従業員がそこそこいる企業では、人材を教育する部門があり 業務に対しては、徹底的にマニュアル化し そのマニュアルどおりに出来ているか?をチェックする仕組みもあります。

とは言え、企業化していない夜のキャバクラ店で 人材教育部門を設ける余裕などなく、収益が上がっていなければ なかなかそんな取り組みができるわけもありません。

しかしながら、接客業というキャバクラ営業形態では 人材教育が売上に直結する為、そこを無視するわけにもいかなく 常に店舗管理者は、頭を悩ませるわけです。

それぞれのスタッフの業務に取組む姿勢や意識改革は 店長の手腕次第と言われていますが そんな一言で、終わらせてしまわれると 現場の店長はたまったものじゃないわけです。

色々なお店に出入りしていると 業務マニュアル、接客マニュアルなど 業務を細分化し、様々なマニュアルを制作しているお店を 見かけるのですが、実際にマニュアル通りに 業務をさせるのは、難しいようで、そこも店長の頭を悩ませる要因の一つのようです。

これは、人材教育のコンサルタント会社の方から教えて頂いた事なのですが まず、それぞれの社員は皆が皆『自分はちゃんと仕事が出来ている』と思っており 『自分は仕事がちゃんと出来ない』と自覚している社員は、そうそう問題にならないそうです。

現場スタッフと現場責任者、経営者では、見ている視点が違おり それぞれが、皆違う視点で『自分はちゃんと仕事ができている』と思っている為に スタッフと現場責任者、現場責任者と経営者の間にすれ違いが生じてしまい 経営者の望むスタッフがなかなか育たないわけです。

経営者の方々は、スタッフ全員に経営者の気持ちになって欲しいと思うのですが 実際に経営者の気持ちが理解できるスタッフは、自分で経営者になれるので やはり、コツコツと人材教育に勤めるしかないようです・・・

従って、会社の経営者は、社員の何を評価しているかを教えてあげる必要があり 業務マニュアルに沿った評価基準なるものが必要になります。

当社り引き先の居酒屋チェーン店で、この評価基準を取入れた 人材教育に取り組んだ結果、絶大な効果があったというお話を伺った事があるので キャバクラ業界でも、それなりに効果があるのでは?と思ったりしています。 実際にそんな取り組みをしているお店もあるのかもしれません・・・

実際に評価基準を作るには、お店の業務に合わせた内容でなければならない為 自社・自店でしっかり作る必要があでしょう。 キャバクラの場合、ホールスタッフ、女子キャスト、キッチンスタッフ、現場責任者くらいの 評価規準が必要になるのですが、業界が特殊なので、なかなか参考になる資料など見つかりません。

そこで!
ちょっとしたサンプルを作ってみました!(ホールスタッフ・ホール責任者のみ)
あくまでも、参考程度で足らない所だらけですがご容赦ください。
参考程度にし、独自でしっかり作り直してもらった方が良いと思います。
スタッフの個人面談時などの参考資料に役立てれば幸いです。


〇キャバクラスタッフ評価基準サンプル






【キャバクラ経営コラムTOPページ】